リロケーションとは

リロケーションとは、英語のrelocation(※移転、再配置の意味)から取られた言葉で、海外や、違う地域への転勤をしている時に、住んでいない留守宅を他の人に貸す事で、賃貸収入を得る事です。
以前もリロケーションの概念は存在していたのですが、明け渡しに関する法律が整っていなかったので実現していませんでした。
しかし、1992年に施行された借地借家法、2000年に定期借家件が導入された為、自分が決めた期間だけ家を貸す事ができるようになりました。
その為、マイホームを購入した後で、期限付きの転勤があった場合や、転職して持家に一定期間住む事ができない場合に、そのままにしておくよりは、貸し出して副収入にあてようと思う方が増えて来ています。
特にリロケーションをしている方の多くは、毎月入る一定の賃料をマイホームの返済にあてるなど、そのメリットは計り知れません。

基本的に、家などは人が住まないと、カビが生えてしまったり、ネズミが出てしまうなど、劣化が激しくなってしまいます。
貸し出す事で、家に細かい傷も増える可能性もありますが、誰も住んでいない事による劣化を防ぐ事が出来る他、今ではリロケーション専門業者も存在しておりますので、貸した後はすべて任せる事もできますので、手間もかかりません。
このように借りる方にも、貸し出す方にもメリットのあるリロケーションですが、もちろんデメリットなども存在します。
そこでこのサイトではリロケーションについて知っておいてほしい事をまとめてみました。



《管理人推奨サイト》
海外転勤や違う地域への転勤でリロケーションをする際の賃料査定ができます ⇒⇒⇒ 海外転勤